カテゴリー
弁理士

会員の広告に関するガイドライン〜日本弁理士会

日本弁理士会が禁止する広告の類型 日本で『弁理士』を名乗るためには、日本弁理士会に会員として所属していなければなりません。その日本弁理士会が弁理士の広告活動について注意を喚起したものが『会員の広告に関するガイドライン』と […]

カテゴリー
知的財産

知財とリテラシー

リテラシーとは、英語の「literacy」を日本語表記したもので、意味は「文字を読み書きする能力」。これが転じて、現在では「情報や事象を正しく理解するとともに、それを適切に判断、運用することができる能力。」となっています […]

カテゴリー
知的財産

意匠権と権利行使

権利行使の第一段階・警告 知財の世界での権利行使は、一般的に「警告」→「交渉」→「訴訟」という流れになります。交渉をすっ飛ばしていきなり提訴というパターンを経験したことがありますが(被告側として)、原告側のリサーチ不足、 […]

カテゴリー
知的財産

意匠権を賢く使いましょう

意匠はほとんど知られていない 特許の相談に来られたクライアントに意匠の話をすると、「そんな権利があるんですか!」とか「うちの商品には意匠の方が良さそうですね」とか、意外と好評を得ています。 特許についてはその概要や効用に […]

カテゴリー
知的財産

商標の権利者は誰にするべきか?

商標には誰を権利者にするかについての明確なルールはない 特許や意匠、また実用新案の場合、出願人を誰にするかについて明確なルールがあります。それはクリエーターです。 クリエーターとは、特許の場合は発明した人(発明者)、意匠 […]

カテゴリー
史跡

セルフィーって怖い

吉野ヶ里歴史公園に出かけてきました。 秋の無料入園日だったそうで、通常は460円の入園料が無料、しかも駐車場代(310円)も無料。ずいぶん得したなーという感じです。 自宅から吉野ヶ里歴史公園に向かう途中にいつも利用してい […]

カテゴリー
知的財産

アマビエと商標の問題を考える(続編)

アマビエ商標が拒絶? Twitterで「アマビエ商標が拒絶」というツイートを見かけたので、行きがかり上、簡単にコメントしてみようかと思います。 以前アップした記事”アマビエと商標の問題を考える”の中で、株式会社電通が商標 […]

カテゴリー
音楽

リヒャルト・シュトラウスの『万霊節』を聴く

135年前の今日(1885/10/3)、ドイツの作曲家、リヒャルト・シュトラウス(Richard Strauss) によって『万霊節』という歌曲が書き上げられました。 原題は『Allerseelen』直訳すれば「全ての魂 […]

カテゴリー
知的財産

特許出願か? 特許申請か?

その昔、「先生!特許出願のほかに特許申請というのがあるんですか?」と真面目に尋ねられたことを思い出したので、今日はその話について。 法律的には「特許出願」が正式な呼び方になります。 おそらく、役所に書類などを提出するとき […]

カテゴリー
知的財産

出願は大安?先勝?

本日は大安(たいあん)。 普段の生活において、六曜を気にかけることはほとんどないのですが、「できれば大安に出願してください」という要望があったので、今回は特別に意識していました。 先ほど無事に出願完了。 六曜には「大安」 […]