あなたのNETIS登録をサポートします

国土交通省OBの現役弁理士による、NETIS登録申請支援・代行サービス

NETISに関する相談を受ける機会が増えています。
相談の内容は多岐にわたりますが、次のような悩みや困りごとをお持ちの方が多いようです。

  • NETISについて相談できる人が身近にいなくて、どこから手をつけてよいのかわからない。
  • 自社技術のNETIS登録の可能性について、専門家の意見を聞いてみたい。
  • 自社でNETIS登録申請を始めてみたが、なかなか先に進まずに困っている。

弊所は、NETISに関する皆様からのご相談に対して、有意義な解決策や対応策をご提案いたします。

相談は無料です。
どうぞ、お気軽にご相談ください。

📩 メールフォーム
📞050-5218-5838

弁理士は、技術文書の作成、役所との交渉のエキスパート

弁理士は、法律によって規定された知的財産の専門家です。業務内容は多岐にわたりますが、身近なところでは特許や商標、意匠などの登録を支援する業務を日常的に行っています。弁理士は、日々の特許出願等を通じて新技術の扱いに習熟しており、技術の特徴や効果を的確に文章化するスキルを備えております。また、特許庁との交渉を通じて役所に提出する文章の書き方にも通暁しております。

最近のNETIS登録の傾向として、同業他社の知的財産権(特許権、商標権、意匠権など)との抵触・侵害について事前に整理しておくことが求められます。この点は弁理士の専門分野ですので、安心してお任せいただくことができます。さらに、NETIS登録に併せて特許や商標を出願・登録する場合も、弁理士は代理人として支援することもできます。

弊所の弁理士は、土木建築分野における行政経験(元国土交通省キャリア官僚)と、ゼネコンでの施工管理経験を有しております。
これまでに地盤改良工、法面補強工、浚渫工、補修工、施工管理システム、材料など幅広い分野でNETIS登録申請の支援・代行に携わってきました。
申請先も、弊所所在地の九州地方整備局のほか、中国、近畿、中部、関東と全国にわたっております。

サポートの内容

弊所が提供するサポートについて、相談・依頼からNETIS登録完了までの一連の流れについて図解しておりますので、ご参照ください。
PDFで表示・ダウンロードすることができます。

サポート料金

ご利用料金は、サポートの「着手時」と「終了時」の2段階の料金体系となっています。
サポート契約を締結したときに「着手金」として総額の75%程度をお支払いいただきます。その後、NETIS登録の完了時に残金(総額の25%程度)の清算を行います。
これ以外に費用が発生するようなことがあれば事前にその旨をお伝えします。事前の相談なく事後に請求することは一切ありません。
具体的な金額については、申請技術の分野やサポート内容に応じて見積額を提示します。

守秘義務について

弁理士には守秘義務が課せられております(弁理士法第30条)。
相談や依頼の内容や受領した資料等を漏洩したり盗用したりすることはありません。
安心してご相談ください。

📩 メールフォーム
📞 050-5218-5838

依頼者の声(随時更新中)

弊所のサポートサービスをご利用いただいた方の感想や評価の一部を紹介します。

「見積もりの段階では『思っていたより高い』というのが率直な感想でした。しかし約7ヶ月お付き合いをして気付いたのは、メールのレスポンスが早い、理解力が凄い、難しい局面でも終始前向きな姿勢、という点です。弊社の担当者が業務の合間に作業していたのでは何年かかっても無理だったと思うし、途中で諦めていたかもしれません。無事に登録に至った今となっては『決して高くなかった』と考えます。」(九州地方整備局)

「かっちりした文章を書かれる方なので、なんとなく冷たい印象があったのですが、テレビ会議ではラフな格好とフランクな語り口でかなり意外でした。申請が始まるとメールでのやり取りが中心となりましたが、的確なアドバイスのおかげで非常にスムーズに進行し、4ヶ月で登録することができました。」(中国地方整備局)

「プロの方に申請を代行してもらったのに、国交省から何回も修正を受けるのには驚きましたが、同業者に聞いてみたらNETISはそんな感じなのだそうで納得しました。」(九州地方整備局)

「NETISの依頼だけだったのですが、別件の特許の相談にも無料で対応していただきありがとうございました。優れた技術であっても特許出願しない方がいいというケースがあると知り、大変勉強になりました。」(関東地方整備局)

「国交省OBだからか業界の専門用語や慣習などが普通に通じるので助かりました。電話で大まかにお伝えしたことをスマートな文章で表現されていたのには感心しました。」(関東地方整備局)

よくある質問(随時更新中)

Q1.全ての手続きを代行してもらえますか?
Q2.どのような技術に対応できますか?
Q3.逆に対応できない技術はありますか?
Q4.見積もりだけいただくことはできますか?
Q5.正式に依頼する前にサポート内容について詳しく説明いただきたいのですが?
Q6.申請の途中段階から依頼することはできますか?
Q7.評価が「-A」から「-VE」「-VR」に移行しません。何かいい知恵はありますか?
Q8.過去にNETIS登録されていた技術を再申請したいのですが、可能でしょうか?


Q1.全ての手続きを代行してもらえますか?

A1.基本的には弊所に全てお任せくださいというスタイルです。申請段階のスケジュール管理も弊所が行いますので、依頼者様は弊所からの連絡や指示に対応していただくだけです。申請書類や資料の作成についても弊所が行いますが、施工マニュアルや実験データ、積算資料などの技術資料については依頼者様の協力を必要とするケースもありますので、そのときにはご協力をお願いします。

Q2.どのような技術に対応できますか?

A2.弊所の弁理士は、土木建築分野における行政経験と施工管理経験があり、これまでに地盤改良、法面補強、コンクリート補修、浚渫、汚濁防止、GNSS測量、施工管理システム、材料など幅広い分野でNETIS登録申請と特許出願の支援に携わってきました。安心してご相談ください。

Q3.逆に対応できない技術はありますか?

A3.分野として対応できない技術はありません。ただし、登録申請しようとする新技術が「NETIS実施要領 1.3」に規定する「新技術」に該当しない場合はサポートの依頼をお受けすることはできません。
具体的には「技術に論理的根拠があること」「実験等により性能や機能が確認されていること」「技術をいつでも提供可能な実用性があること」がNETIS登録の要件となります。
自社の新技術がこれらの要件に合致するか不安があれば、遠慮なくご相談ください。足りない要件は申請前に準備することもできます。

Q4.見積もりだけいただくことはできますか?

A4.はい。メールフォームに技術の概要を記入していただければ、概算費用をお知らせします。
なお、ここからはお願いなのですが、相見積もりを取られる場合は金額だけではなく、サポートの内容や範囲などついて必ず確認してください。アドバイスを与えるだけで書類は作成しないケース、基本料金に段階的にオプション料金が加算されるケースなど様々なケースがあるようです。

Q5.正式に依頼する前にサポート内容について詳しく説明いただきたいのですが?

A5.メールや電話の他にZoom等を利用したオンラインミーティング形式の面談を取り入れております。NETIS登録申請は半年以上を要する長丁場となります。お互いの顔や表情、雰囲気を知っておくことは信頼感や安心感にもつながりますので、遠慮なくご相談ください。実際にご依頼をいただいた方の7割くらいはオンラインミーティング後に依頼を決断していただきました。

Q6.申請の途中段階から依頼することはできますか?

A6.そのような状況での相談も多く受けております。申請作業が進展しない理由を客観的に分析し、現状の打開策を検討することから始めましょう。まずはご相談ください。

Q7.評価が「-A」から「-VE」「-VR」に移行しません。何かいい知恵はありますか?

A7.同じようなことで悩まれている方はたくさんいます。弊所の提案としては、NETIS検索システムで貴社の登録技術を確実に表示させること、そして貴社の登録技術に興味をもたせること、まずはこの2つの対策から始めてみてはいかがでしょうか?
NETISの登録情報は更新することができます。例えば、登録後に「新技術の優位性をアピールできる施工実績が増えた」「ローコスト化に成功した」のであれば、早急に更新した方がよいでしょう。また、検索にヒットしやすいキーワードの選定も活用を促進する上でとても重要なポイントになります。

Q8.過去にNETIS登録されていた技術を再申請したいのですが、可能でしょうか?

A8.原則として同一技術の再申請は認められておりません(NETIS実施要領 3.1(8)③)。ただし「同一技術」とされるのは「技術の原理が同じまたは酷似していること」「技術の適用範囲、適用効果が従来のものと同等であること」「技術開発者が同一または関係者であること」の3要件の全てを満たす場合のみです。
従って、例えば、原理は同じであっても従来は適用できなかった範囲での活用の場が広がったり、より優れた効果が期待できるような場合には、新技術として申請することが可能となります。


➡️NETISに関連する記事
『NETISと特許は何が違う?』
『特許権に絡んでNETIS登録が抹消された事件』
『NETISはどのくらい活用されているか?』