6.9万円意匠出願サービス

弁理士による意匠登録出願サービスをリーズナブルな定額料金・費用で提供します。

1.サービスの利用料金

2.サービスの利用条件

3.依頼から意匠登録までの流れ

4.意匠図面を作成する上でのポイント

5.お問い合わせ用メールフォーム

➡️ 関連するブログ記事

『意匠権と権利行使』
『意匠権を賢く使いましょう』

1.本サービスの利用料金

6.9万円 + 印紙代(16,000円)

※意匠の分野に関わらず定額です。
中間処理費用、登録時成功報酬が含まれています
※登録時に印紙代(8,500円)と諸経費(10,000円)が必要になります。
※別途、消費税がかかります。

➡️出願から登録までの総額は、印紙代(24,500円)+手数料(79,000円・税別)になります。これ以外の費用は発生しません。

2.本サービスの利用条件

■図面または写真を用意できること

本サービスは、図面(または写真)を依頼者に用意していただくことで、リーズナブルな料金・費用を設定しております。

例えば、次のような方に特にお勧めのサービスです。

・図面は既に完成している
・図面作成ソフトを使って必要な図面を作成することができる
・第三者に依頼して図面を作成してもらうことができる
・現物または試作品が手元にあり写真を撮影するだけでよい

※図面のご用意ができない場合、弊所に図面作成を依頼することもできます。図面作成手数料は実費となります。

■電子メールを利用してデータの送受信ができること

電子メールは、図面や書類のやりとりにおいて必須のコミュニケーション手段になります。JPEGファイル等の電子ファイルの添付が可能なメールアドレス(GoogleやYahoo等のフリーメールアドレスでも可)のご準備をお願いします。

3.本サービスの依頼から意匠登録までの流れ

本サービスの依頼から特許出願までの一連の流れについて図解しました。
PDFで表示もしくはダウンロードすることができます。

4.意匠図面を作成する上でのポイント

意匠図面は意匠登録出願において最も重要です。
従って、『6.9万円意匠出願サービス』では、依頼者からいただいた図面や写真をそのまま出願に使用することはありません。弁理士が責任を持って適式化する作業を行います。
しかし、手直しが多いと作業に時間を要し、結果として出願に遅れが生じることがありますので、以下の事項に留意して図面(写真)を作成してください。

✍️ 図面を作成する上で最も重要なポイント
(これを遵守するだけでも十分です)

対象物を互いに直交する6方向(前後左右上下)から描いた6つの図面(または写真)
各図面の縮尺を合わせる
ファイル形式はJPEG。ファイルサイズは1図面あたり1181(横)×889(縦)ドット以内
対象物以外の物や影などが写り込まないこと

図面の作成方法や写真の撮影方法についてさらに詳しく知りたい場合は、こちら(特許庁ウェブサイト)をご参照ください。
特に15,16頁、48,49頁あたりが参考になると思います。