カテゴリー
知的財産

著作物の保護と利用について〜JASRAC vs. 音楽教室の地裁判決を考える

著作権法第22条には、「著作者は、その著作物を、公衆に直接見せ又は聞かせることを目的として(以下「公に」という。)上演し、又は演奏する権利を専有する。」と規定されています。 今回は、この著作権法第22条に規定されている権 […]

カテゴリー
弁理士

弁理士が主人公の小説〜海野十三を知っていますか?

海野十三という小説家の作品に「特許多腕人間方式」という短編小説があります。 ”×月×日 雨。午前十時、田村町特許事務所に出勤。雫の垂れた洋傘をひっさげて、部屋の扉を押して入ったとたんに、応接椅子の上に、腰を下ろしていた見 […]

カテゴリー
知的財産

続・コロナウイルスと中国の特許事務所

上海市民政局が、コロナウイルスの感染経路として「飛沫感染」「接触感染」に加えて新たに「エアロゾル感染」の可能性があることに言及したそうです。さらに、今後の感染予防策として「一切の社会活動関連の会合を取り消すべき」とまで明 […]

カテゴリー
知的財産

コロナウイルスと中国の特許事務所

中国では、コロナウイルスに起因する新型肺炎による死者が400人を超えたとの報道がありました。もちろん、これは公式に確認されている感染者のみですから、実際はもっと多いだろうと思われます。 潜在的な感染者も含めると総感染者数 […]