Zoomミーティング(オンライン面談)導入

先日、新規のお客様からオンライン面談の要望がありました。

「電話やメールによる応対はしておりますが、オンライン面談の経験はないです。」と正直にお答えしたところ、「Zoomミーティングを取り入れるべきです。私の会社では3月からZoomミーティングを利用して業務を行なっています。とても便利ですよ。」

その勢いに押されて、アカウントを作成し、いざ面談・・・
おおっ、思っていた以上に使えそうなツールですね。

現在のところセキュリティ面であれこれと問題が指摘されているようですので、こちらから積極的に持ちかけることはしませんが、ご要望があれば取り入れてもいいかなとも思います。

Zoomを取り入れたことで得られたメリット

Zoomで特にいいなと思った点は、こちらが何か説明しているときに相手の表情がリアルタイムで確認できることです。

日頃から、言葉は抽象的になり過ぎることなく、具体的事例を取り混ぜながら、を心がけてはおりますが、やはり法律が絡むとなると回りくどい説明がどうしても必要になります。そういうときに電話だと相手の表情が窺えないため、もしかしたら置いてきぼりにしていないかとても不安になります。適度に相槌を打ってくれる相手であればよいのですが、無言で説明を聞くタイプだと不安感MAXです。

オンライン面談は対面とほぼ変わらない感覚で会話ができますので、このような不安感は払拭されます。なにより面識のない方の顔(表情)が見えるということで、お客様にとっても弁理士にとってもとても安心感が得られます。安心感が生まれると、相手や相手の主張に対する構えた態度が和らいで肯定的になる傾向がありますので、その後の会話がスムーズに進みます。

実際にこのお客様からも「インターネットで2日かけて調べても分からなかったことが10分で理解できた」との声をいただきました。

ノンバーバルコミュニケーションの重要性

その昔、初めての職場である某役所の初期研修の場で、講師の先生が、「人間の意思の90%以上は言葉以外のノンバーバルコミュニケーションによって伝えられる」みたいなことをお話しされていましたが、今回、改めてこの言葉の重要性を実感することができ、とてもいい経験になりました。