9.9万円特許出願サービス


弁理士による特許出願(特許申請)サービスをリーズナブルな定額料金・費用で提供します。


1.サービスの利用料金

9.9万円 + 印紙代(14,000円)

※発明の分野、技術の内容に関わらず定額です。
※別途、消費税がかかります。


2.サービスの利用方法

電話もしくはメールでお問い合わせください。
弁理士は相談対応に習熟していますので、初めての方でも安心してご相談いただけます。
弁理士には守秘義務が課せられております(弁理士法第30条)。相談内容を漏洩したり盗用したりすることはありません。

📩 メールフォーム
📞 050-5218-5838


3.依頼から出願までの流れ

本サービスの依頼から特許出願までの一連の流れについて図解しました。
PDFで表示・ダウンロードすることができます。


4.サービスの特徴

4-1.安心の料金体系

発明の分野や内容に関わらず一定の金額となる定額制を導入しました。
依頼の時点で総額がわかる安心の料金体系です。

4-2.わかりやすい出願書類

従来の特許出願のように抽象的で難解な記述は極力避け、可能な限り明確かつ簡潔に発明の特徴を表現することで、いつ誰が読んでも理解しやすい出願書類を作成します。

4-3.発明の核心を過不足なくアピール

一件の特許出願にかけられる時間には限りがあります。限られた時間を最大限有効に活用するためには、書類作成を効率的に進めなければなりません。
本サービスでは、出願書類で最も重要な項目である【発明が解決しようとする課題】と【課題を解決するための手段】を充実させることに重点をおきます。その他の項目【背景技術】【発明を実施するための形態】【図面】は、従来の特許出願にみられる膨大な記述は避けつつ、課題や手段との関係において必要な事項を漏れなく記載することに重点をおきます。


5.サービスの利用に際してのお願い

5-1.電子メール、Web会議システム(Zoomなど)、電話等の通信環境をご用意ください。

本サービスの委任契約後に依頼者(発明者)と弁理士との間で発明に関する情報を共有します。これはより良い出願書類を作成するための最も重要なコミュニケーションに位置付けられます。弁理士からの質問や誘導に沿って答えていただくだけでも大丈夫ですので、あまり構えずにリラックスしてお話しください(時間の都合がつかない方は電子メールでも可)。
なお、電子メールの送受信は必須です。PDFやWordなど電子ファイルの添付が可能なメールアドレス(GoogleやYahoo等のフリーメールアドレスでも可)の準備をお願いします。

5-2.発明の分野、内容によっては対応できない場合があります。

ほとんどの発明に対応できる体制を整えておりますが、非常に高い専門性が要求される分野、多くの記載量(特に図面)が必要とされるケースなど対応困難な案件もあります。メールフォームにて発明の概要を事前にお知らせいただくと対応の可否について回答します。

5-3.特許出願のみが対象となります。

特許出願後は、ウェブサイトや商品のパッケージ、フライヤーなどに「特許出願中」と表記することができるようになります。また、後から同じような発明の特許出願があった場合、先に出願しておくことで有利な法的地位を得られます。なお、特許権を取得するためには、「出願審査請求」という特許出願とは別の手続きが必要になります。

※特許出願から特許権の取得までの流れについて、費用が発生するタイミングを中心に図解しました。
PDFで表示・ダウンロードすることができます。