鎌倉殿の13人

再来年放映予定の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の話題。

「鎌倉」「13」といえば、源頼家(第二代鎌倉殿。初代はもちろん頼朝公。)の独裁を牽制するために設置された有力家臣13名による合議制が思い浮かびます。この13人中で最も若く、そして最も目立たない北条義時が主人公とのこと。

後に、合議制の構成員である梶原景時比企能員和田義盛らを狡猾かつ周到に排除し、承久の乱では上皇や公家らを屈服させ、後の得宗家による執権体制の礎を築いた義時。姉の政子や父の時政の陰に隠れがちですが、日本史上、他に例のないほどのマキャベリストだと思います。

梶原景時ファンの私としては、彼がどのように描かれるのか気になるところ。

今から楽しみです(テレビ買わなきゃ…)

梶原一族の供養塔と富士山