NETIS登録申請を弁理士に依頼するメリット

渕上弁理士事務所は、土木・建設などのインフラ事業を営む事業者が有する優れた技術の保護と活用を図るため、特許出願(特許申請)とともにNETIS登録申請の支援・代行に携わっております。

➡️NETIS登録申請支援サービスの詳細はこちら
☎︎無料相談はこちらからどうぞ


代行業者や専門家の活用について

NETIS登録申請は、国土交通省が用意した申請書類に必要事項を記入し、資料を添付して申請するだけのシンプルなものです。
しかし、申請書類に記載すべき内容は多岐にわたり、全てを正しく記載するには相当な時間を要します。また、申請前に行われる国土交通省のヒアリングでは申請書類の隅々まで指摘が入り、その修正作業にも膨大な時間と労力が必要です
また、NETIS登録後は、申請書類に記載された情報に基づいて活用の適否が判断されます。従って、申請書類には貴社の技術の活用を促すような有用な情報を解りやすく記載しておかなければなりません。
このように考えると、自社の人材だけでNETIS登録申請を行うのは難しいと二の足を踏む企業もあるかもしれません。
そのようなときには、NETIS登録申請を代行・支援する外部の専門家の協力を得ることを検討してみてはいかがでしょうか。

「弁理士=特許・商標の専門家」はNETISとの相性がいい

弁理士は法律によって規定された知的財産の専門家です。業務内容は多岐にわたりますが、身近なところでは特許や商標、意匠などの登録を支援する業務を日常的に行っています。
弁理士は、特許出願を通じて新技術の扱いに慣れており、また新技術の特徴や効果などを的確に文章化する技術にも長けています。従って、NETIS登録申請の支援・代行に最も適した専門家であると自負しております。
最近のNETIS登録では、申請技術と他社の知的財産権との関係について非常にシビアな取り扱いを受けることが多くなってきました。これは弁理士の専門分野ですので安心してお任せいただけます。NETIS登録に併せて特許出願したり技術名称を商標出願したりする場合も弁理士は特許庁への代理人として支援・代行することができます。
弊所の弁理士は、土木建築分野における行政経験(国交省OBです)と施工管理経験を有しており、これまでに地盤改良工、法面補強工、浚渫工、補修工、材料など幅広い分野でNETIS登録申請の支援・代行に携わってきました。
NETIS登録申請は、渕上弁理士事務所に安心してお任せください。