カテゴリー: 知的財産

アマビエと商標

株式会社電通が『アマビエ』を商標登録出願したことで、ネット界隈では、「電通案件」だの「D案件」だのといったいつもの炎上が始まっているようです。 炎上は傍から見ている分には楽しいのですが、当事者が反論してこないことをいいこ…

全文を読む

商標に歴史あり

弁理士のところには、商品の名前やサービスの名称などネーミングに関する相談がよく持ちかけられます。そのときに必ずお尋ねする質問があります。「ネーミングの由来はなんですか?」大体の予想がつくケースも多いのですが、なかには想像…

全文を読む

Zoomミーティング

先日、新規のお客様からオンライン面談の要望がありました。 「電話やメールによる応対はしておりますが、オンライン面談の経験はないんです。」とお答えしたところ、「だったらZoomミーティングを取り入れるべきです。うちの会社で…

全文を読む

ステマと商標の関係

「100日後に死ぬワニ」の完結とともに公式サイトから「書籍化決定」「映画化決定」「グッズ・イベントなど続々」との発表があり、巷では「最初から商品化ありきだったのか?」「ステマだろ!」「死んだ途端に商品豊富すぎて草」などと…

全文を読む

著作物の保護と利用について(JASRAC vs. 音楽教室の地裁判決を受けて)

著作権法第22条には、「著作者は、その著作物を、公衆に直接見せ又は聞かせることを目的として(以下「公に」という。)上演し、又は演奏する権利を専有する。」と規定されています。 今回は、この著作権法第22条に規定されている権…

全文を読む

続・新型肺炎の影響

上海市民政局が、コロナウイルスの感染経路として、「飛沫感染」「接触感染」に加えて新たに「エアロゾル感染」の可能性があることに言及したそうです。さらに、今後の感染予防策として、「一切の社会活動関連の会合を取り消すべき」とま…

全文を読む

新型肺炎の影響

中国ではコロナウイルスに起因する新型肺炎による死者が400人を超えたとの報道がありました。もちろん、これは公式に確認されている感染者のみが対象でしょうから、実際はもっと多いと思われます。感染者数は潜在的な感染者も含めると…

全文を読む