Img_b2b6c1e1e2a7b250281497be5bf98ce3
届いたばかりのアーロンチェア(右)と使用中のミラチェアです。
ミラチェアは5年前に独立したときに購入したもの。

思い返せば、大塚家具でアーロンかミラかで迷い、1時間以上試座した結果選んだミラチェア。
選択に間違いはなかったと思っています。
5年を経過したいまでも座る度に新鮮な感動があります。

今回購入したアーロンチェアは弊所のスタッフ様用です。

うちで一番仕事をしている方に少しでも身体への負担を減らしてもらいたいとの所長の優しい思いやり…ではなく、もっともっと仕事をしてもらって所長が楽をしたいからに他なりません(笑)

ちなみに製造元のハーマンミラー社でのブランドの位置づけは、アーロン>ミラ。

弊所での序列と一緒です(^^;;
Img_08318798eef1b86917756e7443d3f2ed
Img_f595443a9333868c88cd2259e35b5b3f
小倉での打ち合わせの帰りにちょっくら歩いてみました。
陽射しは暑いけど風が気持ちいい♪
Img_f9b684be77735810ec0b72faf9464950
Img_683085736a4dd5e560807f206aa27183
もうすぐ「みたままつり」ですね。
今年も献灯させていただきます。
Img_6d24f2898c204291ce2770c5e280137e
とっても素敵なオーシャンビュー
Img_0f84c9c41c753bc64f336f3a7a008d1e
折りたたみ式なのでトランクに収納できます
Img_41fea6cc5a013532671bb5b1427d6c03
自転車専用道なので、のんびりまったりと走行できます
こんにちは!
所長弁理士の渕上です。
久し振りのブログ登場になります。。。
あまりのブログ放置状態にあきれたスタッフから尻を叩かれながら書いております(笑)

・・・ということで近況報告でも

昨日、遠賀宗像自転車道 (Click!) を初走行しました!

といっても走ったのは、波津〜芦屋間の往復約16キロの行程だけですが。
この区間は通称「あおのみち」と呼ばれている通り、海岸沿いをひた走る絶景のサイクリングコースです。

微かな海風が心地よいコースでしたが、この日は燦燦と降り注ぐ太陽と路面からの照り返しで息苦しくなる場面もしばしば。
多少のアップダウンはありますが、概ねフラットなコースなので私のような初心者でも快適に走行することができます。
ゴミ一つ落ちていないところに自転車乗りの方々のマナーを感じました。ボランティアで定期的に清掃されているのかも?
途中、かっこいい自転車に乗ったお兄さん方に追い抜かれながらも、我が折り畳み自転車は思いのほか快適な乗り心地を提供してくれました♪

しばらくは自転車にはまりそうです!
Img_1f663fa408190c89fa011db56ccc7e62
艶々な梅
Img_0e0b174c47dd6c837ecb40eb5a72f00e
お手伝いしている?つもりの金次郎(雄猫)
Img_e46f3aeedf81d08ea8b40555d95259b7
一ヵ月後に梅ジュースになります!
毎日暑い日が続いていますね!
皆さん、いかがお過ごしですか?

暑いのが苦手な私は、すぐに汗ダクダクになるのでハンカチが手放せません。
一応、お年頃な女子なので、、、一人あふあふと汗をかくのは少し恥ずかしいのですが・・・。
後ろを振り返ると、私と同じくらいあふあふとハンカチで汗を拭っているお方が..。

そのお方とは・・・皆さんのご想像にお任せします♪

さて、先日実家にて毎年恒例の梅ちぎりをしてきましたぁ~!
今年は例年に比べ梅の実の数はとても少なかったのですが、そのかわり?
とても艶々でパンパンに張った青々とした綺麗な梅の実が獲れましたよ♪

梅の実のとてもフルーティーでいい香りには癒されますね♪
梅干..梅酒..梅ジュース..うぅ~んどれも捨てがたい!

ですが・・・。
今年は数が少ないのでどれか一つに絞らないといけないことに...。
悔しいですっ!!!

という事で、今回は梅ジュースを作ることにしました。

すっきりとした甘みの中に、きりっとした梅の酸味!
あぁ~想像しただけで唾が(笑)

一ヵ月後の完成がとても楽しみです♪
事務所にお越しのお客様にお出しするかもです!?
三月末より渕上弁理士事務所で事務を担当することになりました松田と申します。
ブログを御覧の皆様並びにお客様の皆様宜しくお願い致します。
なかなか・・いや、全くと言っていいほどブログを更新されない所長に代わって、わたくし松田がブログを更新してまいりたいと思います。

薬院の事務所にて週に2~3日ほどお仕事をさせて頂いております。
先日、事務所におみえになられたお客様が私を見るなり『外人風味ですね、、、』とおっしゃられました。
幼少の頃よりハーフ?どこの国の方ですか?などなど初めてお会いする方には必ずと言っていいほど言われるわたくし松田ですが・・・『外人風味』なんて言われたのは初めなのでなんとも面白く、そんな表現もあるのだとある意味勉強になりました(笑)

ということで、渕上弁理士事務所におみえになられるお客様はこの外人風味のわたくし松田がひょいっと現れますが、びっくりされないようご注意くださいませ♪

全くと言っていいほど文才のない私ですので、読みにくいものになってしまうかもしれませんが、これから宜しくお願い申し上げます。
本日、当事務所に初めてお越しになられたお客様は、このサイトを見て来られた訳でもなく、誰かの紹介があった訳でもなく、相談会や講演会を経由して来られた訳でもなく。。。

実は、とあるバーのトイレの壁に貼り付けてあった私の名刺を見てお越しになられたお客様でした。

バーの店名を聞いてようやく思い出したくらいの遠い昔に貼付けた名刺です。
確かトイレの壁一面にたくさんの名刺が貼り付けられていたので、興味半分に自分の名刺を貼ったような記憶が微かにあります。

名刺を貼り付けたことの経緯はともかく、そのような場所に貼られていた名刺を見て実際に尋ねて来られる方がいらっしゃることに驚きました。
お話をお伺いしたところ、ちょうど特許の相談ができる弁理士を探していたのだそうです。

こんな出会いもあるんですね〜
それだけ弁理士が珍しいということなのかも知れませんが。。。

Img_b665d857b74e27f3294e35c17d2c2b6e
本日は弁理士会主催の無料相談会の担当日。
10時の開始の時点では予約ゼロでしたが、最終的には5件の相談。
昼食も取れないほどの大盛況でした*\(^o^)/*

この相談会は弁理士が相談者にアドバイスを行うというのが趣旨なのですが、相談会には新たに起業するという方も多数おみえになり、むしろこちらが教えられることも多いのです。
本日もコーヒーの移動販売について新規の事業を計画中の方が商標の相談におみえになりました。
資金集め、機材の確保、原料の確保、移動販売に必要な免許取得など、私の独立開業時とは全く異なる内容に多くの刺激を受けました。

このような起業家の方とお近づきになれることが弁理士業の最大の特徴であり、そのおかげで楽しく仕事をすることができるのだと思います。
起業っていいな(*^^*)

本日の気分はallegroです♪
Img_ba83c756e31ec08888a96f768f67f54a
弁理士ってあまりメディアにも取り上げられないし、同じ士業でも税理士や行政書士ほど身近にいる存在ではないので、実際に会ったことや見たことがない方が大多数だと思います。

私は事務所の近くのコンビニエンスストアにほぼ毎日立ち寄っているので、レジのお嬢さんはそれこそ弁理士を何度も見ていることになりますが、彼女は私のことを弁理士と認識している訳ではないので、実際には会っていないことと同じです。

では、レジに行く度に「私は弁理士の渕上です。どうぞよろしくお願いします。」なんて言えばいいのかというとそうでもないですね。まず度が過ぎると店長を呼ばれるという重大なリスクがありますし、そもそも弁理士が何たるかを知らなければいくら自己紹介しても彼女の意識には何にも残らない訳です。

ところでスマートフォンに保存している各種データを整理していたところ、一枚の画像を発見しました。これは、日本弁理士会九州支部の前支部長の松尾憲一郎さんが、旭日双光章(きょくじつそうこうしょう)という勲章を授与されたことをお祝いする席での集合写真です。前列中央やや右よりの方が松尾弁理士です。ここに写っている11人は全て弁理士なんです。福岡でこれだけの弁理士が一堂に会し、しかも集合写真を撮影するなんてほんとに珍しいことなので、その意味ではかなり貴重な写真ということになります。

ちなみに私めもどこかに写っておりますよ。
いつもは隅っこのほうで遠慮がちにしているのですが、この日はワインを飲みすぎたせいか、いつになく気が大きくなっていたみたいで、ど真ん中に陣取ってしまいました(笑)
『人はある程度の歳をとったら、それ以上は綺麗にはならないけれど、より美しくなることはできます。』

手元に出典がないので正確な引用ではありませんが、概ねこのような意味合いだったと記憶しています。

心の持ちようって顔や特に表情に現れますよね。
老若男女を問わず美しい人というのは、心の化粧をしている人だと思うようになってきました。
これは自分も歳を取ってきたからなのかもしれませんが。。。

素のままで綺麗な人、残念ながらそうでない人は確かに存在します。
でも神様は決して不公平ではなく、努力を惜しまない人、他人に心を遣う人には、本当の「美しさ」を与えてくれるのだと思います。