投稿者「弁理士」のアーカイブ

コロナ禍で弁理士業務に変化はあったか?

仕事の意味抜きにこの記事を書いておりますので、今回は手短にまとめます。なお、記事は弁理士一般の状況を俯瞰したものではなく、地方都市で開業する極小規模の特許事務所の近況報告といった程度のものです。 まず、例年と顕著に異なる… 続きを読む »

ステマと商標の関係

「100日後に死ぬワニ」の完結とともに公式サイトから「書籍化決定」「映画化決定」「グッズ・イベントなど続々」との発表があり、巷では「最初から商品化ありきだったのか?」「ステマだろ!」「死んだ途端に商品豊富すぎて草」などと… 続きを読む »

著作物の保護と利用について(その2)

前回の続き。 >音楽教室において講師の先生が生徒に対して模範演奏を提示する行為は、著作権法第22条に規定する「公衆に直接見せ又は聞かせることを目的として演奏する」行為に該当するのか? この問題には次の2つの論点があります… 続きを読む »

弁理士が主人公の小説

海野十三という小説家の作品に「特許多腕人間方式」という短編小説があります。 小説の書き出しはこんな感じです。 『×月×日 雨。 午前十時、田村町特許事務所に出勤。 雫の垂れた洋傘をひっさげて、部屋の扉を押して入ったとたん… 続きを読む »

続・新型肺炎の影響

上海市民政局が、コロナウイルスの感染経路として、「飛沫感染」「接触感染」に加えて新たに「エアロゾル感染」の可能性があることに言及したそうです。さらに、今後の感染予防策として、「一切の社会活動関連の会合を取り消すべき」とま… 続きを読む »

新型肺炎の影響

中国ではコロナウイルスに起因する新型肺炎による死者が400人を超えたとの報道がありました。もちろん、これは公式に確認されている感染者のみが対象でしょうから、実際はもっと多いと思われます。感染者数は潜在的な感染者も含めると… 続きを読む »

シトロエンと商標の問題

シトロエンやプジョーの小型車の多くは、1.2L 3気筒ターボエンジン、通称『PureTech』を搭載しています。 私のシトロエンC3にもこのエンジンが搭載されていますが、なかなか優れた動力特性を有しており、低回転域から発… 続きを読む »

シトロエンどうした!?

最近のシトロエンは、スマートフォンと連動してドライビングデータの管理やメンテナンス情報の管理、ディーラーへの入庫予約など結構いろいろなことができて大変に便利です。特にドライビングデータの管理では、GNSS(GPS)を用い… 続きを読む »

カテゴリー:

ご利益?

令和2年の初詣は鹿児島神宮と霧島神宮に参拝しました。一の宮めぐりも兼ねての初詣でしたので、併せて、新田神社と枚聞神社(ひらきき)にも参拝しております。 神社めぐりが趣味というか生活の一部になりつつある今日この頃ですが、特… 続きを読む »