ベートーヴェン ・イヤー

正月三が日も終わり、いささか暇を持て余し気味。
小人閑居して不善をなすなんてことにはならないように、ここは一つ今年の目標を立ててみることにします。

今年2020年は、ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven)の生誕250周年にあたる年です。クラシック音楽業界ではベートーヴェンに因んだ様々なイベントが企画されているようです。個人的には彼の弦楽四重奏曲(第1番から第16番まであります)のチクルスなんてライヴで聴けたら最高に幸せなのですが、福岡ではなかなか難しそうです。せめて後期だけでも…いや意欲的な前期もいいね…だったら豪快なラズモフスキーも…なんて、結局は素晴らしい傑作揃いなんですよね。ベートーヴェンのカルテットは。

だったら自分で弾いちゃおう!ということで、今年の目標は、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタを全て弾くことに決定しました。弾くと言っても聴衆を前にしたコンサートではなく、ただ一人でさらうだけなんですけどね。ちなみに「さらう」とは楽器にあまり縁がない方にはわかりにくい言葉かもしれませんが、「何度も何度も入念に練習する」みたいな意味になります。我々アマチュア演奏家にとっては、指揮者や指導者から「次の練習までにきちんとさらっておくように」なんて言われる耳の痛い言葉なんです。

カルテットではなくてソナタを選んだ理由は、ソナタは第1番から第10番までの全10曲なので、1曲/月で進めていっても予備に2ヶ月あってスケジュールに余裕が持てるのと、実際問題として、カルテットのヴァイオリンパートは技術的な難易度が高すぎるからというのが本音です(笑)
早速、第1番を弾いてみました。音符をかろうじて音にするレベルではありますが、予想外に楽しい♪
インテンポで弾けるようになったらピアノと合わせてみたいな。

ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタは、彼の作品の中ではマイナーな扱いを受けているようですが、肩肘を張らない普段着姿のベートーヴェンが垣間見えて個人的には大好きな作品群です。
緩徐楽章にはリラックスしたベートーヴェンが、終楽章のロンドには鼻歌まじりに散歩するベートーヴェンの姿が浮かんできます。
ちなみにヴァイオリン・ソナタの第4番は、ハンズマンのCMでも使われていましたね。
CM制作者にはかなりのベートーヴェン好きがいるに違いない。