ヴァイオリンの席順のこと

来たる12月8日、私の所属するアマチュアオーケストラの定期演奏会が、アクロス福岡のシンフォニーホールにて開催されます。
アマオケ(アマチュアオーケストラの略)の宿命として、チケットが飛ぶように売れるなんてことはありませんので、団員自らが地道に捌いていくことになります。私もこの時期になると、団から割り当てられたチケット(いわゆるチケットノルマ)を知人や、ときにはお客さんにお渡ししています。

チケットを渡すときに、「渕上さんはどのあたりに座っているの?」と聞かれることがあります。相手があまりクラシックの演奏会に縁がなさそうな場合は、全体の位置関係がわかるように説明します。例えば、「舞台の真ん中に指揮者が立っていて、その周りをヴァイオリンを始めとする弦楽器がグルっと取り囲んでいて、さらにその奥にはトランペットなどのキラキラ光る管楽器があって、自分は指揮者の左側、ヴァイオリンの5列目の奥側にいるよ。」という具合に。これがオーケストラ経験が豊富な相手だと「5プルト裏」の一言で済みます。

オーケストラのヴァイオリンは二人一組でペアを作って座ります。なので楽譜も共有、楽譜を置く譜面台も共有です。この譜面台のことをドイツ語で「Pult(プルト)」といいます。ここからヴァイオリンの席順を表す言葉としてプルトが使われるようになりました。5プルトとは本来的には5番目の譜面台、転じて5列目の席という訳です。そしてペアのうち客席に近い方の席を「表」、遠い方を「裏」と呼びます。

誰がどこに座るのかは、アマオケの場合、コンサートマスター(女性の場合はコンサートミストレス)や指揮者が決めることが多いようです。コンサートマスターは指揮者に一番近い1プルト表に座るヴァイオリン奏者のことで、他の奏者とは異なる特別な役割があります。一般的には上手な奏者から順に前のプルトに座るような気もしますが、実は指揮者から離れる程アンサンブが難しくなるため、後ろのプルトにもそれなりの技術のある奏者を配置しなければ演奏が崩壊することも。。
プルトの「表」と「裏」にも役割の違いがあるのですが、長くなりそうですので、今回はこの辺りで。