一の宮めぐり(九州編その5)

前回から少し間が空きましたが、一の宮めぐりは飽きることなく続けております。
今回のお社は、肥後国一の宮「阿蘇神社」
熊本県阿蘇市にあります。
ご祭神は健磐龍命(たけいわたつのみこと)。
あまり聞き慣れない名ですが、神武天皇の孫にあたる方のようです。

阿蘇神社の交通安全ステッカーには「違い鷹の羽」がデザインされています。鷹の羽といえば菊池氏の家紋として有名ですが、あちらは「並び鷹の羽」と呼ばれています。両者の違いは鷹の羽の配置。2枚の鷹の羽が交差しているのが「違い鷹の羽」、横に並んでいるのが「並び鷹の羽」。「並び鷹の羽」は菊池神社の交通安全ステッカーにもしっかりデザインされています。

そういえば「蒙古襲来絵詞」に菊池武房公が描かれていたことを思い出して、ググッと確認してみたところ…ありました!
菊池家の家人と思われる男性(画像の左端)が掲げる軍旗に「並び鷹の羽」が誇らしげに描かれています。

なお、阿蘇神社の大宮司を代々務める阿蘇氏は、菊池氏とともに九州の南朝方として血湧き肉躍るような戦いを繰り広げるのですが、長くなりそうなので今回はここまで。


中央の赤い軍扇を手にしているのが菊池武房公