格安特許出願について

弊所が提供する「格安特許出願」サービスですが、実のところ「格安」でも「激安」でもなく、サービス内容に応じた適正な価格です。

一般的な特許出願の費用は、「基本料金」+「発明の数に応じた追加料金」+「書面(図面)の枚数に応じた追加料金」+「諸経費」のように計算される場合がほとんどです。発明の内容にもよりますが、概ね30万円前後というのが相場のように思います。(極めて専門的な分野の場合には相場が当てはまらないこともあります。念のため。)
そして1件の特許出願に、これもケースバイケースですが、目安としては2〜4日ほど時間をかけます。間をとって3日とすると、実働時間は8h×3=24hとなりますので、時間単価は1万円を少し上回るくらいになります。
これが高いか安いかは一概には言えませんが、多くの場合、相談料が5千円/30分であることを勘案すれば、あながち変な数字でもないのかなと思います。
格安特許出願の場合、弁理士報酬は9.9万円(税別)ですので、先の時間単価を勘案するとちょうど1日の実働に該当します。

ここで、通常3日かかる書面を1日で作成できるのか?
できるとすればどのような内容になるのか?
といった疑問が出てくるのも当然だと思います。
次回以降、その辺りを詳しく説明します。

(次回へ続く)