一の宮めぐり(九州編その4)

筑前国一の宮「筥崎宮」
福岡には一の宮が2社あります(筥崎宮と住吉神社)
奈良時代、国司が任国に赴任した際には国内の有力神社を巡拝するのが習わしだったようで、最初に参拝する神社が一の宮、次に参拝するのが二の宮、三番目が三の宮と呼ばれるようになったそうです。
ということは筑前国では時代によって神社の勢力に変化があったのでしょうか?

筥崎宮のご祭神は応神天皇、神功皇后、そして玉依姫です。
八幡宮に玉依姫が祀られているのは珍しいように思います。
ちなみに玉依姫は初代神武天皇の母君です。

筥崎宮は元寇に縁が深いところ。
亀山上皇の「敵国降伏」は有名ですが、教科書にも掲載されている「蒙古襲来絵巻」には、筥崎宮の鳥居の周辺に御家人たちが集結している様子が描かれています。またこの絵巻には住吉神社の鳥居も描かれています。
どうやら鎌倉時代には両社とも一の宮的な神社として認識されていたようですね。

蒙古襲来絵詞に描かれた筥崎宮の鳥居
蒙古襲来絵詞に描かれた住吉神社の鳥居