言い方って大事

『Go To Travelキャンペーン』とはあまり縁がなかったようで、この四連休は最近(と言っても2年以上前ですが)竣工したダムに行ったこと以外は完全にstay homeでした。

スマホをいじりながら何気に「生姜 苦手」で検索してみたら、3000万件を超えるヒット数。自分が必ずしも少数派ではなかったことに一応の安心感を得ながら、画面を眺めていたら『生姜(しょうが)苦手な奴いる?』という某巨大掲示板のスレッドが目に留まったのでひとまずクリック。
このサイト特有の他愛もない感じでスレが進んで行くのですが、「おっ!」と思った箇所があったので備忘録を兼ねてここに書き留めておく次第です。

名無さんA
「生姜が嫌いな奴って人生の8割くらい損している。」
名無さんB
「生姜を好きになったら人生を5倍楽しむことができるって言い方をすれば平和なのに、なんでそんな貶めるような言い方をするんだい?」

Aの発言にはなんとなく反感を覚えますが、Bの言い方だと素直に受け入れられるし、「ちょっと工夫して食べてみようかな?」と前向きになることすらありそうです。

これって、弁理士が相談に応じるときにも同じことが言えると思います。

相談者
「このアイデアで特許がとれますか?」
弁理士A
「難しいですね。そもそも特許を取得するには、新規性と進歩性が必要で…」
相談者
「…」

一方、弁理士Bは、
「難しいですね。そんなにガッカリしないでください。ところで、どうして特許を取得しようと思われたのですか?」
相談者
「実はかくかくしかじかの事情があって…」
弁理士B
「そういう状況でしたら、特許より意匠の方が有効かもしれませんよ。」
「特許出願だけでも十分に効果が期待できそうなケースですね。」
「共同開発者との関係性が気になりますね。一度、関係する契約書を拝見できますか?」などなど。

弁理士Bのような対応だと、相談者が本当に解決したい課題が見えてくることがあります。
Aのような対応をする弁理士はもはや過去の遺物だとは思いますが、もしそのような対応をされた場合、ぜひ他の弁理士にも相談を持ちかけてみてください
最初は公的な無料相談でもよいと思います。
きっと対応の違いやアドバイスの中身の違いに驚かれると思います。