著作物の保護と利用について(JASRAC vs. 音楽教室の地裁判決を受けて)

著作権法第22条には、「著作者は、その著作物を、公衆に直接見せ又は聞かせることを目的として(以下「公に」という。)上演し、又は演奏する権利を専有する。」と規定されています。
今回は、この著作権法第22条に規定されている権利、いわゆる「演奏権」についてのお話し。
併せて、日本音楽著作権協会(JASRAC)ヤマハ音楽振興会等との間の係争をめぐる昨日の地裁判決について思うことを書いてみます。

プロアマを問わず創作者(著作者)には、創作した作品(著作物)を独占的に利用する権利が与えられます。この権利のことを「著作権」と言います。
例えばAさんがある楽曲を作曲した場合、Aさんだけがその楽曲を演奏したり録音したり編曲したりすることができます。誰かが「Aさんの曲は素敵だな〜 自分もピアノで弾いてみたいな〜」と思っても、原則としてAさんの許可を得なければ自由に演奏することはできません。

ただし、これには例外があって、例えば自分一人でピアノに向かって弾く場合(すなわち聴衆はゼロ)、自宅などで家族や友人の前で弾く場合(極めて限定された聴衆のみ)には、Aさんの許諾を得なくても自由に弾くことができます。もちろんAさんから権利侵害として訴えられることもありません。
またコンサート会場などでピアノを演奏し、聴衆が大勢いたとしても、非営利目的のコンサートであり、入場料無料、出演者無報酬であれば、これもAさんの許諾を得なくても大丈夫です。もちろんこれは著作権法上の大丈夫であって、ビジネスマナーとしてはAさんに一言お伝えすべきケースでしょう。

このように、著作権法は、著作物を創作する著作者の権利だけではなく、著作物を楽しむ利用者の権利にも配慮されたものになっています。何か一方の権利が保護され過ぎても著作物が世の中に浸透しにくくなり、その結果として我が国の文化的発展を大きく阻害することにつながります。そのバランスが大事なのです!

なお、今回の地裁判決は、ヤマハ側の主張する「演奏権」の解釈が東京地方裁判所において認められなかったというものです。具体的には、音楽教室において講師の先生が生徒に対して模範演奏を提示する行為が、著作権法第22条に規定するところの「公衆に直接見せ又は聞かせることを目的として演奏する」に該当するのかという点が最大の争点になっていました。

次回に続く。