特許印紙

特許庁に対して手続を行うときには、書類に特許印紙もしくは収入印紙を貼り付けて特許庁長官宛に郵送する、というのが原則です。
なので、弁理士はたくさん特許印紙を購入するんでしょ?と思われているかもしれません。

でも、実は、ほとんどの手続きはオンライン送信が可能なんです。予めクレジットカードを登録しておけば、オンライン送信の際にカード決済されるため、特許印紙も必要ありません。

今回の審判請求では、オンライン送信+カード決済は使えませんので、原則通り、書面郵送+特許印紙貼付となります。

特許印紙は、特許庁以外では発明協会集配郵便局など比較的大きめの郵便局で購入することができます。郵便局でもそれほど取り扱う機会が多くないためか、「収入印紙ですか?」と聞き返されたり、窓口の奥にいるベテラン職員にバトンタッチされたりすることもしばしば。
今回は高額印紙の在庫がなかったようで、10,000円の特許印紙を5枚いただきました。

特許庁の庁舎と桜花が表されたモノトーナスなデザイン。
最近の記念切手の凝ったデザインに比べると地味な重厚感溢れる印象です。

審判の結果が「サクラサク」となりますように!