格安特許出願サービス

本サービスは、通常より安価な料金で特許出願を行うサービスです。
もちろん安価には理由があります

弁理士に特許出願の代理を委任する場合、法定費用(特許印紙代 14,000円)に加えて弁理士報酬が必要になります。弁理士は、委任者(発明者や出願人)から発明について聞き取りを行い、その内容を書面にまとめて特許庁に提出します。
弁理士報酬の大部分は書面の作成に要する手数料となりますので、書面の作成に要する時間を短縮することができれば安価な料金を実現することができます。

そんなことしたらサービスの質が低下するのでは?という不安があるかもしれませんが、時間の短縮が質の低下に直結することはありません。書面に記載しなければならない事項は法令で定められていますが、その中には重要度の高い事項とさほど高くない事項があります。弁理士は発明のポイントを見極め、それを論理的に文章化する技術に長けています。ですので、書面の作成にかける時間を短縮するにしても絶対に削ってはいけない部分、上手に削る部分の見極めができます。

本サービスは、限られた時間を重要度に応じて傾斜配分することで、質の確保と時間の短縮の両立を実現します。それゆえに通常より安価な料金で特許出願サービスを提供することができます。

◾️本サービスの特色
①特許願(出願書面)に記載する各項目のうち【発明が解決しようとする課題】と【課題を解決するための手段】の記載を重視します。
②同じく【背景技術】【発明の効果】【発明を実施するための形態】の各項目は簡にして要を得た記載を目指します。
③図面は【発明を実施するための形態】の記載内容を補足する目的の範囲内で作成します。

◾️本サービスが特に効果的な場面
・現時点ではアイデアの段階であり、具体的な商品化はまだ先のことではあるが、競合他社より先に特許出願しておきたい。
・詳細なデータやノウハウはできるだけ公開したくない。
・技術範囲を広げ過ぎたり抽象化しすぎたりした漠然とした特許出願ではなく、対象が明確な特許出願をしたい。
・発明を発表する時期が間近に迫っており早急に特許出願をしたい。

◾️本サービスの利用料金
9.9万円+消費税+法定費用(特許印紙代 14,000円)

◾️本サービスに関するお問い合わせは、以下のフォームをご利用ください


役員従業員個人事業主その他


製造業土木建設業情報通信業サービス業その他

回答を急ぐ回答を急がない