商標に歴史あり

弁理士のところには、商品の名前やサービスの名称などネーミングに関する相談がよく持ちかけられます。
そのときに必ずお尋ねする質問があります。
ネーミングの由来はなんですか?
大体の予想がつくケースも多いのですが、なかには想像もできないような意外な意味や由来があったりして、知的好奇心を大いに刺激されます。この仕事の醍醐味の一つですね。
今回は、そんな商標の由来についてのお話。

きっかけは先日訪れた「大将陣公園」の案内板です。
大将陣公園は大将陣山(福岡県飯塚市)の山上にある風光明媚な公園。
案内板には『天慶4年、藤原純友討伐の勅命を受けた源満仲がこの山に陣を敷いた。』みたいなことが書かれていました。確かに辺りを一望できる地形は布陣には最適な場所です。
どうして満仲?、純友を討伐したのは父の源経基だったよなーってちょっと気になったので、帰宅後に調べてみました。

少し前置きが長くなりましたが、この満仲の逸話がとある商標の由来だったのです。
ある商標とは「三ツ矢サイダー」
三本の赤い矢羽根が印象的なロゴマークですね。由来は「毛利元就かな〜」なんて勝手に想像していましたが、まさか平安時代まで遡るとは。

以下、三ツ矢サイダーの製造元のアサヒ飲料株式会社のウェブサイトから引用。
『平安時代の中頃、源満仲(ミナモトノミツナカ)という武将がお城を作ろうと神社に祈りをささげたところ、「矢の落ちた所に作りなさい」とお告げがあり矢を放つと、多田沼の“九頭の龍(クズノリュウ)”に命中したそうです。そこで、満仲はここに城をかまえ、そのときに矢を探しあてた男に、三ツ矢の姓と三本の矢羽の紋が与えられました。また、あるとき満仲は鷹狩りに出て、偶然、近くの谷に湧く水で鷹が足の傷をなおして飛び立つのを目の当たりにしました。これが多田村平野の天然鉱泉でした。この平野が三ツ矢という姓の発祥の地で、明治時代にこの故事にならい湧き出ていた天然鉱泉を「三ツ矢平野水(ヒラノスイ)」と名付けて発売されたのがはじまりです。』

ちなみに、この三ツ矢のロゴを最初に商標登録したのは明治42年(1909年)。同サイトによれば、このとき「三ツ矢」の他に「ニツ矢」「四ツ矢」「五ツ矢」も商標登録したのだそうです。類似商標の乱立を防ぐためだったのでしょうか、なかなかに用意周到でまさに商標戦略の鏡です!

現在の三ツ矢サーダーのパッケージには、三ツ矢のロゴの他にブクブクと湧き出す泡がデザインされていますが、この泡の数は9つ。これは満仲の放った矢が命中した九頭龍の頭の数と一致します!
この情報は他のサイトで見かけたもので、公式サイトには特に記載されておりませんでしたので偶然なのかもしれませんが、満仲ラブの三ツ矢サイダーのことですから、「気付きおったか、お主なかなかやるのぅ」なんてほくそ笑んでいるかもしれません。

ちなみについでに、源満仲は今となってはメジャーな人物ではないかもしれませんが、実はメジャーな源氏の面々のほとんどは満仲の子孫になります。
The源氏とも言うべき八幡太郎義家、最初の武士政権を築いた頼朝、悲劇のヒーロー義経、平安時代のモビルスーツこと鎮西八郎為朝、個人的に好きな頼義などなど、名門河内源氏は満仲の三男である頼信に始まります。

大将陣山の案内板
事務所の常備品
疲れた頭がスッキリします♪