ロメオ or ロミオ : that is the question.

所属するアマオケの定期演奏会(2020年12月開催予定)の中止が決定しました。
プロオケの演奏会もままならない状況ですので、アマオケの活動が定常化するのはまだまだ先のことになるのでしょうね。

定期演奏会は、メインにブルックナー交響曲第4番『ロマンティック』を据え、前プロはチャイコフスキー『ロメオとジュリエット』、中プロは同じく『ロココバリエーション』というかなり本格的なプログラムでした。同プログラムを次年度以降にそのまま持ち越すのかは未定のようです(マエストロはロメオとジュリエットにいたくご執心のようですが)。

ところで、『ロメオとジュリエット』と聞いて違和感を覚えられた方も多いかもしれません。
というのは、映画やミュージカルでは『ロミオとジュリエット』と表記されることがほとんどですし、翻訳本もほとんどが『ロミオとジュリエット』です。私が一番最初に読んだ翻訳本も新潮文庫版『ロミオとジュリエット』。
ちなみに、新潮文庫版のシェイクスピア作品は高校時代にほとんど読破しましたが、なぜか『ロミオとジュリエット』だけは福田恆存氏ではなく中野好夫氏の翻訳でした。

一方、音楽業界では、『ロオとジュリエット』が優勢です。
例えば、先ほど挙げたチャイコフスキー の幻想序曲『ロメオとジュリエット』、プロコフィエフのバレー音楽『ロメオとジュリエット』、ベルリオーズの劇的交響曲『ロメオとジュリエット』、グノーの歌劇『ロメオとジュリエット』という具合に有名作本は軒並み『ロメオとジュリエット』表記となっています。

表記の揺らぎはよくあることですが、この件については音楽業界(というかクラシック業界)だけの事象なので、業界特有の表記上のルールみたいなものがあるのかも知れません。気になってググってみたのですが、同じような疑問をもたれた方のブログは数多くヒットするのですが、確定的な結論にまでは至りませんでした。
その中でも一番納得できたのは、「クラシック界は英語圏よりイタリア語圏の方が幅を利かせているから、『romeo』は英語読みのロミオではなくイタリア語読みのロメオになった。」というものです。
だったら『ジュリエット』ではなく『ジュリエッタ』だろー、と突っ込みたくもなるのですが、原題がRomeo and Juliet なので、ジュリエッタと読むのは無理があるかも。。

これは全くの私見ですが、クラシック業界は保守的で権威主義的な側面があるので、最初に(おそらくは明治時代に)偉い先生が付けた題名『ロメオとジュリエット』を出版業界やレコード業界で使用し続け、マネジメント側もこれを踏襲し、その結果、他の業界との乖離があっても問題にしない(悪く言えば相手にしない)ようなところが真相なのかも知れません。

個人的には、固有名詞(人名、地名、題名など)は原語に近い発音に統一してほしいと思っています。
例えば、「毛沢東」なら「マオツートン」、「曹操」は「ツァオツァオ」、「北京」は「ベイジン」などなど。