シトロエンどうした!?

最近のシトロエンは、スマートフォンと連動してドライビングデータの管理やメンテナンス情報の管理、ディーラーへの入庫予約など結構いろいろなことができて大変に便利です。特にドライビングデータの管理では、GNSS(GPS)を用いた位置情報管理が秀逸で、いつどこに行った、どこに停車した、いつからいつまで滞在した…などの詳細な情報を提示してくれます(くれぐれもセキュリティは万全に(笑))。
また、行程毎に平均速度平均燃費を提示してくれるのも嬉しい。
この機能を利用するためには、スマートフォンに「My Citroën」というアプリをインストールしなければならないのですが、このアプリがなんとも不安定。不安定だけならいいのですが、昨年末のアップデート(Ver.1.22)の後、今度は車体側のオンボードコンピュータに悪さをしているらしく、マルチファンクションディスプレイが再起動を無限に繰り返すという事態にまで発展。シトロエンC3の場合、オーディオやエアコン、ナビ等の操作がマルチファンクションディスプレイに集約されているため、このような状況は非常にストレスフル。物理ボタンを極力排したモダンな意匠を実現するシトロエンのデザインコンシャスな姿勢には大いに好感を抱いているのですが、であるならば電気系統の信頼性の向上には最大限の注意を払っていただきたいものです。

一昨日、「My Citroën」がアップデート(Ver.1.22.2)されたので、「やっと対策してきたか、これでようやく…」と思ったのも束の間、今度はシステムにログインできなくなり、アプリをアクティベートできない状態。。車の本質とは関係のない部分とはいえ、スマホ全盛の時代においてこのような状況は最悪です。シトロエンを7台乗り継いだ者としては悲しい限りです。

ちなみにシトロエンC3は本当にいい車です。高級な素材を使わなくてもセンスだけで心地よい空間を創出することができる、豊かな時間を提供することができるということが実感できます。そんなに飛ばさなくても十分に楽しいし、無理な割り込みをされても大目にみてあげるくらいの余裕すら生まれてきます。自意識過剰かも知れませんが、信号待ちのときなど隣に並んだ車から熱い視線を感じることもしばしば。駐車場で見知らぬ人から話しかけられることもあります。Bセグメント(全長が概ね3,800 mmから4,200 mm、全幅が1,695mmから1,750mmまでの車種)の車に興味があれば選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: