ご利益?

投稿者: | 2020年1月19日

令和2年の初詣は鹿児島神宮霧島神宮に参拝しました。
一の宮めぐりも兼ねての初詣でしたので、併せて、新田神社枚聞社(ひらきき)にも参拝しております。

神社めぐりが趣味というか生活の一部になりつつある今日この頃ですが、特にこれといって何かをお願いしたり祈願するようなことはほとんどありません。とは言っても、無心で二礼二拍一礼できるほどの心安らかな境地には程遠いので、いつの頃からか五省を心の中で唱えるようになりました。
五省(ごせい)とは、海軍兵学校で使用されていた5つの反省事項のことです。生徒たちが日々の生活の終わりに瞑目静座し、心の中で5つの問いに対して自問自答する、そのような自戒の言葉です。

一 至誠に悖(もと)るなかりしか

二 言行に恥づるなかりしか

三 気力に欠くるなかりしか

四 努力に憾(うら)みなかりしか

五 不精に亘(わた)るなかりしか

興味がある方はインターネットで検索してみてください。
今でも多くの方が五省を心の糧にしていることがことが分かります。

なお、題名の「ご利益」ですが、本当は「ご縁」とでもした方が適当かもしれません。今年最初のお客様として弊所にお越しになられた方が、霧島神宮と深い縁のある方だったのです。次回、霧島神宮に参拝するときには知られざる名所旧跡を案内していただけるとのこと。
神宮めぐりの楽しみが増えました♪